トップページ >生活> アメリカザリガニは、カエルのえさとして日本にやってきた

アメリカザリガニは、カエルのえさとして日本にやってきた

zarigani.jpg

アメリカザリガニは1927年5月12日、
アメリカのニユーオリンズから、
初めて日本に持ち込まれました。

その目的はウシガエル(食用ガエル)が
養殖されるようになり、ウシガエルのエサ
としてアメリカザリガニは輸入されたのです。

ちなみにウシガエル(食用ガエル)も1918年に
アメリカか ら輸入されたものです。

輸入をしたのは神奈川県鎌倉市 にあった
食用ガエルの養殖会社。

その養殖場からアメリカザリガニが逃げ出し、
敵がいなかったことで、日本全国の水田などで
急速に増えていったようです。

日本にもニホンザリガニがいますが、
アメリカザリガニより小さくて、
数も少なく、北海道、青森県、岩手県。
秋田県の水のきれいなところにしか
生息していないそうです。

ちなみに日本でカエルを食べる機会は
ないと思いますが、マレーシアのリゾート地の
海鮮料理屋ではカエルが食べられます。

私は食べたことがありますが、おいしいの一言。

食感はチキンと同じです。


 

 

 

アメリカザリガニは、カエルのえさとして日本にやってきた関連記事

▲ページトップ

足首ウオーマー

    夏でも足首ウオーマーを履いた方が良いその理由とは?
    靴下を履いて寝てはいけないその理由とは?

足首ウオーマー

メニュー

スポンサードリンク

 

新着情報

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

feed FEED

サイト内検索

サイト情報

リンク集

タグクラウド