トップページ >歴史> 肉じゃがはあるものを作ろうとしてできた失敗作!?

肉じゃがはあるものを作ろうとしてできた失敗作!?

nikujaga.jpg

日清戦争や日露戦争などで日本海軍を率いた司令官の
東郷 平八郎はイギリス留学時に食べたビーフシチューの
味をとても気にいったそうです。

帰国する時に海軍の料理人にビーフシチューを
つくらせようとしました。

ところが、ビーフシチューの中に入っていた
肉や玉ねぎやにんじんやじゃがいもは用意できたのですが、
肝心のデミグラスソースがつくれないのです。

それである調味料で肉やじゃがいもを煮込んだところ、
ビーフシチューにはなりませんでしたが、
おいしい料理ができたのです。

それが肉じゃがだったのです。

つまり、ビーフシチューをつくろうとして
肉じゃがができたのでした。

 

 

 

肉じゃがはあるものを作ろうとしてできた失敗作!?関連記事

▲ページトップ

足首ウオーマー

    夏でも足首ウオーマーを履いた方が良いその理由とは?
    靴下を履いて寝てはいけないその理由とは?

足首ウオーマー

メニュー

スポンサードリンク

 

新着情報

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

feed FEED

サイト内検索

サイト情報

リンク集

タグクラウド