トップページ >歴史> あられ柿の種は偶然できた!?

あられ柿の種は偶然できた!?

pin.jpg
1924年(大正13年)新潟県長岡市に夫婦で営む
小さなせんべい屋がありました。

このせんべい屋は当時新潟にはなかった
「あられ」を看板商品にしようと開発に取り組んでいました。

ある日のこと、来客に対応しようとしてあられの型抜きを
誤って踏んでしまいました。

型抜きはもともと小判型でしたが、
踏まれたことで三日月型になってしまいました。

型抜きは一個しかありません。

しかたなく三日月型になってしまった型抜きで
あられをつくり売り歩きに出ました。 

そして町の名士の元へ売りにやって来た時のこと
「これはまるで柿の種のような形だ」と言われました。

ここから柿の種はヒット商品へと発展いくのです。

そして現在は世界中で販売される
大ヒットお菓子になりました。

 

 

 

あられ柿の種は偶然できた!?関連記事

▲ページトップ

足首ウオーマー

    夏でも足首ウオーマーを履いた方が良いその理由とは?
    靴下を履いて寝てはいけないその理由とは?

足首ウオーマー

メニュー

スポンサードリンク

 

新着情報

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

feed FEED

サイト内検索

サイト情報

リンク集

タグクラウド