トップページ >スポーツ> 川合俊一の前代未聞の反則

川合俊一の前代未聞の反則

basketball.jpg

川合俊一さんはバレーボール界の歴史の中で、
今まで誰もやったことがない
反則技を繰り出しました。

ブラジルの選手が飛びあがる瞬間、
ネットの下で腕を掴むということをしたのです。

ブラジル代表ほ猛抗議しましたが、
審判は反則を取りませんでした。

理由は、主審はボールを見ていて、
副審はネットタッチを見ていて、
ネットの下は見ていなかったからです。

バレー界にこんな反則をした人間は
歴史的 にいないと、
川合俊一さん本人がコメントしています。

とにかく負けたくなかった一心で
やってしまった反則だったとのことです。

 

 

 

川合俊一の前代未聞の反則関連記事

▲ページトップ

足首ウオーマー

    夏でも足首ウオーマーを履いた方が良いその理由とは?
    靴下を履いて寝てはいけないその理由とは?

足首ウオーマー

メニュー

スポンサードリンク

 

新着情報

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

feed FEED

サイト内検索

サイト情報

リンク集

タグクラウド